ここから本文です

“声優レスラー”清水愛がベルト初戴冠!

バトル・ニュース 7/4(月) 5:10配信

 3日、アイスリボン後楽園ホール大会に清水愛が出場し初のタイトルマッチに挑戦した。

 清水愛は2013年の1月にプロレスデビュー。声優としてはキャリア15年以上、Twitterフォロワー数も7万人を越える大ベテランながら、プロレス界では1から新人として雑用もこなす姿に会場に足を運ぶプロレスファンからも愛されている。
 昨年より冠番組内でルチャ・リブレ修行やプロレスマスク制作を行いアニメファンにプロレスアピールを開始。今年に入り2003年に結成された7人組声優ユニット『パステル』を12年ぶりに再結成し、ニコニコ動画では清水愛の公式チャンネルも開設され様々な場所で“声優プロレスラー”清水愛をアピールしてきた。

 この日アイスリボンに初参戦した清水愛は3WAY王座『トライアングルリボン』に挑戦。王者の弓李とともに猛スピードで動きまわる長崎まる子を封じ込めた清水愛はカミカゼから釣りガール式ばくだん固めでわずか4分51秒で勝利!
 始めてベルトを手にした清水愛は涙ぐみながら「自分がこんな風にベルトに触れられる日が来るなんて全く思っていなかったので、もちろんそうなったら良いなって思ってたんですけど、年齢的にも皆さんより上だし、もう引退まで挑戦するチャンスなんかないんじゃないかなって諦めかけてたんですけど、コツコツ頑張ってたら良い事あります」とベルトを抱きしめる。
 そして「王者としてベルトを持つにふさわしい、周りの方に尊敬していただけるような、それはもうリングの上だけでなくリングの外での活動も人の模範になれるような。優等生になるというわけじゃないですけど、皆に憧れてもらえるようなそんな人になりたいです」と自らの王者像を語ってみせた。

最終更新:7/4(月) 11:45

バトル・ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]