ここから本文です

ライオンズがプレーオフ進出一番乗り! 残り7枠争いは大混戦

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 7月4日(月)14時41分配信

 ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカ、アルゼンチン、日本の5か国から18チームが参加し、2月下旬から熱戦が展開されてきたスーパーラグビーは、レギュラーシーズン大詰めとなり、ライオンズ(南ア)がプレーオフ進出一番乗りを決めた。

サンウルブズが児玉健太郎を追加招集! 有田隆平も南ア遠征へ

 3年前に屈辱の降格を経験し、世界的ビッグネームはひとりもいなかったライオンズだが、元南ア代表LOで選手としても経験豊富だったヨハン・アッカルマン ヘッドコーチのもと力をつけ、主将のNO8ワーレン・ホワイトリーやFLヤコ・クリエルらを中心に結束し、昨年の国内選手権(カリーカップ)で全勝優勝した実力をスーパーラグビーでも存分に発揮している。
 ライオンズがプレーオフに進むのは、前身のキャッツが2001年に4強入りして以来、15年ぶり。

 7月2日に地元のジョハネスバーグでシャークスを37-10で下し、10勝3敗で勝点47としたライオンズは、アフリカ第2カンファレンスの首位が確定し、プレーオフのシードに影響してくる総合順位でもニュージーランド/オーストラリア・グループで現在1位のチーフス(勝点46)を抜いてトップに躍り出た。

 昨年まではプレーオフに進めるのは6チームだったが、今年は18チーム参加の大会に拡張し、8チームがノックアウトステージ(準々決勝)に進むことができる。

 アフリカ第1カンファレンスでは、首位のストーマーズが2日に敵地でおこなわれたレベルズ戦を57-31で制して勝点を41に伸ばした一方、同地区2位のブルズはアルゼンチンでジャガーズに11-29で敗れ、苦しくなった。勝点32のブルズは、南アグループのワイルドカード(アフリカ各カンファレンス1位以外の上位1チーム)争いでもシャークス(勝点35)との差を詰めきれておらず、ホームのプレトリアで現地時間9日におこなわれるサンウルブズ戦は非常に重要となってくる。

 大混戦のニュージーランド・カンファレンスは、リーチ マイケルと山下裕史が所属するチーフスがクルセイダーズとの首位攻防を23-13で制し、順位は逆転したが、勝点差はわずかに1ポイント(チーフスは勝点46、クルセイダーズは勝点45)。3位のハリケーンズと、田中史朗が所属する昨季王者のハイランダーズも先週末の第15節で勝って、勝点をそれぞれ44、43としており、最終節までもつれそうだ。
 残念ながら、マレ・サウが所属するブルーズはハリケーンズに27-37で敗れ、NZ・豪州グループのワイルドカード(同グループ各カンファレンス1位以外の上位3チーム)の望みもなくなった。

 オーストラリア・カンファレンスでは、サンウルブズに圧勝したワラターズがブランビーズと勝点39で並んだが、9勝しているブランビーズが8勝のワラターズよりも上位のまま。ワイルドカード争いではNZ勢に後れを取っているため、地区1位の座がプレーオフへの確かな切符だ。
 松島幸太朗が所属する同地区3位のレベルズは、2日のホームゲームでストーマーズに敗れ、ワイルドカードの可能性もなくなり、初のプレーオフ進出とはならなかった。

 レギュラーシーズンはあと2節。


<スーパーラグビー2016 プレーオフスポット争い>

【アフリカ第1・カンファレンス】(1チーム)
・ストーマーズ(8勝1分4敗/勝点41)
・ブルズ(7勝1分5敗/勝点32)

【アフリカ第2・カンファレンス】(1チーム=確定)
・ライオンズ(10勝3敗/勝点47)

《南アグループ ワイルドカード》(アフリカ各カンファレンス1位以外の上位1チーム)
・ストーマーズ(8勝1分4敗/勝点41)
・シャークス(7勝1分5敗/勝点35)
・ブルズ(7勝1分5敗/勝点32)

【NZ・カンファレンス】(1チーム)
・チーフス(10勝3敗/勝点46)
・クルセイダーズ(10勝3敗/勝点45)
・ハリケーンズ(9勝4敗/勝点44)
・ハイランダーズ(9勝4敗/勝点43)

【豪州・カンファレンス】(1チーム)
・ブランビーズ(9勝4敗/勝点39)
・ワラターズ(8勝5敗/勝点39)

《NZ・豪州グループ ワイルドカード》(NZ・豪州各カンファレンス1位以外の上位3チーム)
・チーフス(10勝3敗/勝点46)
・クルセイダーズ(10勝3敗/勝点45)
・ハリケーンズ(9勝4敗/勝点44)
・ハイランダーズ(9勝4敗/勝点43)
・ブランビーズ(9勝4敗/勝点39)
・ワラターズ(8勝5敗/勝点39)

※ 勝点:勝利=4点、引き分け=2点、負け=0点
※ ボーナスポイント:相手より3トライ以上多くトライ=1点、7点差以内で負け=1点

最終更新:7月4日(月)14時41分

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]