ここから本文です

オゾンホール、縮小を確認。30年のフロン規制実る

sorae.jp 7月4日(月)10時0分配信

私達の地球を囲い、宇宙から降り注ぐ紫外線を軽減してくれる「オゾン層」。そのオゾン層が主にフロンガスのせいで減り、南極付近に「オゾンホール」ができることで人体にも影響を及ぼしていると昔は習ったものです。しかしMITの報告によると、このオゾンホールは2000年より大幅に回復しているというのです。
 
オゾンホールが問題となったのは80年台から。当時は冷蔵庫などに利用されるフロンガスが、そして亜酸化窒素などもその原因とされました。しかし今回の報告によると、オゾンホールは2000年以来「400万平方キロメートル」も回復したというのです。これはアメリカ国土の約半分ほどの面積にもなります。
 
現在フロンガスの生産は多くの国で禁止されており、また2020年までにはすべての国で生産が禁止されます。一時はフロンガスの代わりに代替フロンの利用が推奨されましたが、この代替フロンにもオゾン層の破壊効果や温暖化への寄与が発覚。現在はノンフロン機器の普及が待たれています。
 
また研究チームはオゾンホールが8月終わりに南極で生成が始まり、10月初めに形成されることを観測しました。オゾンホールは極に近い国、とくにオーストラリアなどにおいて皮膚がんなどの被害が報告されています。このままオゾンホールの減少が続けば、いずれは同国での皮膚がんも発生件数も減少していくかもしれませんね。

最終更新:7月4日(月)10時0分

sorae.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]