ここから本文です

穂積/加藤は前年優勝のヒンギス/ミルザに敗退 [ウィンブルドン]

THE TENNIS DAILY 7月4日(月)1時10分配信

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦6月27日~7月10日/グラスコート)の女子ダブルス2回戦で、穂積絵莉(エモテント)/加藤未唯(佐川印刷)は前年優勝ペアで第1シードのマルチナ・ヒンギス(スイス)/サーニャ・ミルザ(インド)に3-6 1-6で敗れた。試合時間は51分。

穂積絵莉/加藤未唯が初戦突破、加藤はグランドスラム初勝利 [ウィンブルドン]

 穂積/加藤は4月にシュツットガルト(WTAプレミア/室内クレーコート)の1回戦でヒンギス/ミルザと対戦しており、1-6 1-6で敗れていた。

 ともに1994年生まれの加藤と穂積のコンビは、4月にカトヴィツェ(WTAインターナショナル/室内ハードコート)でWTAツアー初優勝。ウィンブルドンの本戦には、単複を通して今回が初出場だった。

 加藤はシングルスの予選に出場していたが、1回戦でアレクサンドラ・パノワ(ロシア)に3-6 2-6で敗れていた。

 ヒンギス/ミルザは3回戦で、クリスティーナ・マクヘイル(アメリカ)/エレナ・オスタペンコ(ラトビア)と対戦する。マクヘイル/オスタペンコは2回戦で、第13シードのバニア・キング(アメリカ)/アラ・クドリャフツェワ(ロシア)を6-1 6-4で下しての勝ち上がり。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:7月4日(月)3時8分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。