ここから本文です

厳しい暑さ続く見通し 全国に高温に関する情報

ウェザーマップ 7月4日(月)14時44分配信

 きのう3日は三重県尾鷲市で観測史上1位の38.6℃を観測し、東京都心でも今年初めて35℃以上の猛暑日となるなど、西日本や東日本太平洋側を中心に厳しい暑さに見舞われた。きょう4日も関東から西の各地で気温が高く、35℃~38℃前後の猛烈な暑さとなっている。

この先も厳しい暑さ続く

 最新の1か月予報によると、今後も太平洋高気圧の強い状態が続き、気温が平年より高くなる確率が全国で50%~60%となっている。特に、9日頃からの1週間は、気温が平年よりかなり高くなるとして、気象庁は全国すべての地方に「高温に関する異常天候早期警戒情報」を発表して、農作物の管理や健康管理に注意するよう呼びかけている。
 
 週末以降、西~東日本太平洋側は、ここ数日のような猛暑が続く可能性がある。また、低気圧が日本海を進むような場合は、北陸や北日本でも急激に気温が上昇することが予想される。今後の気象情報に注意するよう心掛けたい。

最終更新:7月4日(月)14時49分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。