ここから本文です

快進撃のアイスランド代表、ついに破れる その諦めない姿勢に対戦国からも賞賛の声

BuzzFeed Japan 7月4日(月)12時4分配信

アイスランドの冒険が終わった。人口33万人の小国ながら、強豪イングランドを倒すなどEURO2016で快進撃を続けたが、準々決勝で開催国フランスに2-5で敗れた。
【BuzzFeed Japan / 徳重辰典】

アイスランドのラガーベック監督が「前半はメンタル面のコントロールがうまく行えなかった」と語るように、前半だけで4点を奪われ、勝敗はほぼ決してしまった。

だが熱狂的なアイスランドサポーターはあきらめない。チームがどんなに劣勢に立たされようとも野太い声援で鼓舞。選手もこれに最後まで試合をあきらめず後半2点を返し、意地を見せた。

国の人口33万人。サッカー人口は3000人ほどで、サッカー協会に登録するプロは100人程度という小国。メジャーな大会への出場は今大会が初だ。

そんなチームが強い意志と組織力を武器にグループリーグでポルトガルと引き分け、決勝トーナメントではイングランドを破る大番狂わせを演じた。

サポーターも印象的だった。人口の1割に当たる3万人がフランスを訪問。首都レイキャビクのパブリックビューイングにも数万人が集まり、イングランド戦の視聴率は99%を超えた。

勝利した後、アイスランド代表がサポーターのもとに駆け寄り、手を大きく広げて叫ぶ「アイスランド・チャント」は今大会の名物となった。フランスに敗れた後も、サポーターはいつもと変わらぬチャントで選手たちを迎えた。

アイスランド代表、サポーターの姿は対戦したフランス人の心を打った。

この日、2得点を決めたジルーは「アイスランドは最後まで諦めなかったね。不屈の闘志で戦った彼らを祝福したい」と最後まで戦う姿勢を賞賛。フランスサポーターは、会場のサンドニから去るアイスランドサポーターを拍手で見送った。

アイスランドの”バイキング”たちは、フランスに誇りと野太い声を残して大会を去った。だが、冒険は終わらない。夏が明けた9月からはロシアW杯を目指す、新たな冒険が始まる。

今大会、背番号10を背負ったギルフィ・シグルドソンはフランス戦後にこう語った。

「僕たちはこれからも進歩し続けていける」

最終更新:7月4日(月)13時6分

BuzzFeed Japan

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]