ここから本文です

東京など関東南部でも雷雨に注意 5日は気温下がる予想

ウェザーマップ 7月4日(月)16時38分配信

 4日の関東は強い日差しが照りつけて気温が上がり、群馬県館林市35.4℃、千葉県船橋市35.2℃と猛暑日となった所があった。東京都心でも33.8℃まで上がり、4日連続で気温が30℃を超えるなど厳しい暑さが続いている。
 
 湿った空気や気温の上昇に伴い、関東では大気の状態が不安定になっている。4日夕方の段階で都内にも発達した雨雲がかかっているが、今夜にかけては局地的に1時間30ミリの激しい雨が降るおそれがある。落雷や突風、ひょうに対して注意が必要だ。発達した雨雲が近づいている兆しがある場合は、建物内に避難するなど安全の確保を心掛けたい。
 
 なお、5日は湿った海風が流れ込む影響で、関東は気温が大幅に下がる見通し。東京都心の最高気温は26℃の予想で、4日に比べて8℃低くなりそうだ。気温の変化が大きいため、体調管理にも注意が必要となる。

最終更新:7月4日(月)16時38分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。