ここから本文です

【ダッカ人質事件】関与をアピールするIS バングラデシュでの活動実態は

BuzzFeed Japan 7/4(月) 18:32配信

バングラデシュの首都ダッカで7月1日に発生した人質事件。イスラム国(IS)を名乗る組織が犯行声明を出したが、政府はISの関与を否定している。バングラデシュでの活動強化をアピールするISの実態は。【BuzzFeed Japan】

ISのネット機関誌「ダービク(Dabiq)」。カラー写真を豊富に配置し、編集されたPDFのプロパガンダ雑誌だ。

英語版の「ダービク」14号では、バングラデシュでの活動について、多くのページが費やされている。

まず、シリア北部での戦闘中に死亡したAbu Jandal al-Bangaliという、若いバングラデシュ人の戦闘員が特集されている。

首都ダッカの裕福な家庭の生まれで、軍とつながりを持っていた。シリアでのトレーニングに参加した後、 殉教作戦に志願したという。

また、バングラデシュでのISのリーダーであるSheikh Abu Ibrahim al-Hanifのインタビューもある。

Abu Ibrahimは、ミャンマーのイスラム教徒は、周辺の仏教徒やヒンドゥー教徒からの弾圧の下で暮らしていると述べ、ミャンマーの前に、バングラデシュ内でのジハードを強化したいと話している。

そして、「大量のヒンドゥー教徒を標的にするまで、この地方におけるシャリーアは達成されないと信じている」とも語っている。

また、Abu Ibrahimは、バングラデシュ最大のイスラム政党であるイスラム協会(Jamaat-e-Islami)を批判している。2001~2006年までの政権当時、「アッラーの法」を適用しなかったことを、その理由の一つとしている。

Abu Ibrahimは、地理的な位置と、インドへの近さから、バングラデシュはグローバルなジハードのために重要な場所であるとしている。

ベンガル地方に強いジハード基盤を持つことで、インドへのゲリラ攻撃を、国内外の両方から同時に行うことができる、と述べている。

昨年10月、ダッカでのイスラム教シーア派の休日パレードの際に、3発の爆弾が旧市街で爆発し、死者1人と負傷者100人以上を出した。バングラデシュで、シーア派が標的にされたのは、この時が初めてだった。

この爆発事件の前、ダッカの外交地区でイタリア人男性が、また、バングラデシュ北西部で日本人男性が殺害されている。

ISは、爆発事件と、外国籍2人の殺害ついて犯行声明を出し、「十字軍連合の市民たち」はイスラムの地では安全の保証はない、としている。

ISは今年2月、バングラデシュ北部の寺院で斬首されたヒンドゥー教の司祭の殺害事件についても、関与を発表している。

バングラデシュでは、昨年からイスラム原理主義に批判的なブロガーが殺害される事件が相次いで起きている。

バングラデシュ政府は、国内でISは活動していないと、繰り返し述べてきた。しかし警察は昨年、ブロガー殺害にも関与しているとされ、アルカイダとISの双方とつながりがあるといわれる「Ansarullah Bangla Team」のシンパとみられる3人を拘束した模様だ。

最終更新:7/4(月) 18:43

BuzzFeed Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]