ここから本文です

「死の鳥」「成層圏の要塞」と呼ばれたB-52にどれだけの武器が搭載できるのか

ギズモード・ジャパン 7月4日(月)22時10分配信

こんなのが飛んできたらと思うと…。

アメリカ軍の巨大爆撃機として知られる、B-52。1952年の初飛行から今なお現役で飛び続ける、異例の長期運用機です。

全長約48m、翼を入れた全幅は約56mにもなる機体はとても頑丈で、通称「成層圏の要塞」、英語では「BUFF(Big Ugly Fat Fucker)」とも呼ばれます。

そして、その機体にはどれほどの銃火器を積むことができるのか。一目でわかる動画をSmithsonian Channelが公開しました。動画はこちらのSmithsonian Channel公式サイトから確認できますよ。

(動画はこちら:http://www.smithsonianchannel.com/videos/this-air-force-bomber-can-hold-70000-lbs-in-weapons/49562?an=air-and-space)

その絨毯爆撃の凄まじさから、ベトナム戦争時には「死の鳥」とも呼ばれたB-52。その恐ろしさがよくわかりますね…。

source: Smithsonian Channel, Boeing
Casey Chan - Gizmodo SPLOID

最終更新:7月4日(月)22時10分

ギズモード・ジャパン