ここから本文です

パブリウチェンコワが4回戦へ [ウィンブルドン]

THE TENNIS DAILY 7月4日(月)9時30分配信

 イギリス・ロンドンで開催されている「ウィンブルドン」(6月27日~7月10日)の第7日。女子シングルス3回戦で、第21シードのアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)が第11シードのティメア・バシンスキー(スイス)を6-3 6-2で破り、4回戦に駒を進めた。ウィンブルドンでは初のベスト16入り、グランドスラム大会では5年ぶりとなる。

 世界ランキング12位のバシンスキーは昨年の大会では準々決勝に進出していたが、この日は一度も相手のサービスを崩すことができず、3回戦止まりとなった。

 パブリウチェンコワの次の相手は、第27シードのココ・バンダウェイ(アメリカ)だ。バンダウェイは第6シードのロベルタ・ビンチ(イタリア)を6-3 6-4のストレートで下して勝ち上がった。

セレナが快勝で4回戦へ、女子のベスト16が出揃う [ウィンブルドン]

 バンダウェイは昨年のウィンブルドンでベスト8に進出している。そこで彼女はマリア・シャラポワ(ロシア)にフルセットの末、敗れた。バンダウェイがグランドスラム大会でシードをもらったのは今年が初となる。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: LONDON, ENGLAND - JULY 03: Anastasia Pavlyuchenkova of Russia plays a backhand during the Ladies Singles third round match against Timea Bacsinszky of Switzerland on Middle Sunday of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 3, 2016 in London, England. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

最終更新:7月4日(月)9時30分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。