ここから本文です

セリーナ GS通算300勝達成で歴代2位、全英16強へ<女子テニス>

tennis365.net 7月4日(月)8時0分配信

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は3日、女子シングルス3回戦が行われ、2連覇を狙う第1シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)がA・ベック(ドイツ)を6-3, 6-0のストレートで退け、順当に4回戦進出を決めると同時に、グランドスラムで記念すべき300勝目を飾った。これはオープン化以降、M・ナブラチロワ(アメリカ)の306勝に次ぐ歴代2位。

錦織vsチリッチ 1ゲーム速報

通常試合が行われないミドル・サンデーだが、悪天候からスケジュールが大幅に崩れたためこの日に試合が組まれた。

センターコートでセリーナはほぼ完璧なテニスを披露し、51分でベックを下した。ナブラチロワに次ぐグランドスラム300勝を飾った選手となった。

「コートへ向かう時はいつも、もし負けたら世界中のニュースになるだろうと思って試合へ臨んでいる。でも勝つと、端の方にタグ付けされたような扱いのニュースになったりもする」と勝って当たり前と思われていると語るセリーナ。

それは、男子で連覇を狙っていた第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)がまさかの敗戦を喫し、大きなニュースになった翌日に語った。

2回戦ではフルセットの試合を強いられたセリーナだったが、この日は世界ランク43位のベックに25本のウィナーを決めるなどベストのプレーを見せ、第2セットでは1ゲームも与えないテニスを披露。

試合直後に受けたインタビューで、グランドスラムでの300勝利目だったことを知っていたかと問われたセリーナは「知らなかった。それは素晴らしいこと。考えてもいなかった。最高のことだと思う」と語った。

ミドル・サンデーに試合が行われたのは、139年の歴史を誇るウィンブルドンでわずか4度目のことだった。

これまで、1991・1997・2004年の3度しかミドル・サンデーに試合は組まれなかったが、そのいずれもチケットを求めて夜通し観客はチケット・オフィスに並んで購入。顔にペイントを施し旗を振るなどお祭り騒ぎになっていた。

しかし、今年はオンラインのみの販売となったため、そのような騒ぎにはならなかった。

「とても違うような気分になるかと思っていた。でも実際コートに立ったら、それほど違いは感じなかった」とセリーナは語り、芝で行われる伝統のあるウィンブルドンのミドル・サンデーのプレーについてコメントした。

これでグランドスラムでの成績を300勝42敗とし、その勝率は8割7分7厘となた。そして4日には男女シングルス4回戦全てが予定されているため、セリーナは301勝を目指し、2度のグランドスラム優勝を持つ第13シードのS・クズネツォワ(ロシア)と顔を合わせる。

(STATS - AP)

tennis365.net

最終更新:7月4日(月)8時0分

tennis365.net