ここから本文です

大学生9人、居酒屋で食中毒 カンピロバクター検出、営業停止/川越

埼玉新聞 7月4日(月)21時58分配信

 埼玉県川越市は4日、市内の居酒屋「元祖魚串 おいでや」で食事をした20~23歳の大学生19人のうち9人が下痢や発熱などの症状を訴え、うち少なくとも4人から食中毒の原因となるカンピロバクターが検出されたと発表した。市は同店を同日から3日間の営業停止処分にした。

 市食品・環境衛生課によると、大学生は6月23日に同店で食事をした。1人は入院したが現在は退院し、全員が快方に向かっているという。

最終更新:7月4日(月)21時58分

埼玉新聞