ここから本文です

クズネツォワが対セレナの4回戦へ「全力を尽くす」 [ウィンブルドン]

THE TENNIS DAILY 7月4日(月)10時30分配信

 イギリス・ロンドンで開催されている「ウィンブルドン」(6月27日~7月10日)の第7日。女子シングルス3回戦で、第13シードのスベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)が第18シードのスローン・スティーブンス(アメリカ)を6-7(1) 6-2 8-6の大接戦の末に下して4回戦に進出した。クズネツォワは2004年全米オープン、2009年全仏オープンの優勝者。

 クズネツォワはコーチングを受けたとして警告を受け、第3セットでは一時2-5と劣勢に立たされたが、逆境を覆す強さを絞り出した。2008年以来の4回戦進出を果たしたクズネツォワは、そこで世界ナンバーワンのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)と対戦する。

 クズネツォワはスティーブンスを倒すのに約2時間半を必要とした。

セレナが快勝で4回戦へ、女子のベスト16が出揃う [ウィンブルドン]

 第3セットの出だしにクズネツォワは大会で許されていないコーチからの助言を受けているか否かについて、主審のマリアナ・アルベス氏と言い争った。

 その後、スティーブンスは5-3から自分のサービスに入ったが、そこでクズネツォワがブレークに成功。実のところ、クズネツォワは2-2から2-4、2-5まで追い込まれたが、そこから5-5まで追い上げ、スティーブンスがサービスをキープして6-5としたあとに、最後の3ゲームを連取した。

「素晴らしい試合だったと思う。私たちはお互いに力を尽くして戦い、私は自分のチャンスをものにした。そのことをうれしく思うわ」とクズネツォワ。

 コーチングの警告に関しては、「コーチは『いいぞ、そのままの調子でいけ』と声援しただけなのに、警告をとられて心外だった。審判に『あなたはコーチングを聞いたんですか?』と詰め寄ったら、『いいえ、でも彼はしゃべりすぎている』との答えだった。あれで少し勢いを損なわれたけれど、大事はなかったから」と説明した。

 セレナとの4回戦については、「セレナは世界一の強大な相手であり、彼女と戦えるのは栄誉なこと。厳しい試合となるだろうけど、私は戦い、勝つために全力を尽くす」と意欲を見せた。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: LONDON, ENGLAND - JULY 03: Svetlana Kuznetsova of Russia reacts during the Ladies Singles third round match against Sloane Stephens of The United States on Middle Sunday of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 3, 2016 in London, England. (Photo by Shaun Botterill/Getty Images)

最終更新:7月4日(月)10時30分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]