ここから本文です

セレナが3回戦勝利でグランドスラム300勝目 [ウィンブルドン]

THE TENNIS DAILY 7月4日(月)12時0分配信

 イギリス・ロンドンで開催されている「ウィンブルドン」(6月27日~7月10日)の第7日。女子シングルス3回戦で、ディフェンディング・チャンピオンのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)が世界ランキング43位のアニカ・ベック(ドイツ)を6-3 6-0で圧倒して4回戦に駒を進めた。セレナはこの勝利がグランドスラム大会の300勝目となったが、それほど苦労もなく、わずか51分で試合を終えた。

 セレナがこれまでに獲得した「21」のグランドスラム・タイトルのうち、6度がウィンブルドンでの優勝だ。

セレナとコーチのムラトグルー「『22』については話さない」 [ウィンブルドン]

 ベックのウィナーが2本だったのに対して、セレナは25本を記録し、文字通りの圧勝となった。出だしこそ1-2とリードを許したセレナだったが、そこからの12ゲームのうち11ゲームを取り、第2セットではプレーした28ポイントのうち24ポイントを取るという内容だった。

 セレナのグランドスラム大会での成績は、これで300勝42敗。クリス・エバート(アメリカ)が持つ299勝の記録を破り、オープン化以降の歴史上2位の選手となった。1位はマルチナ・ナブラチロワ(アメリカ)の306勝49敗だ。

「もっと早くいいスタートを切るべきだったけど、まあ、よかったわ」とセレナ。グランドスラム300勝目を指摘されると、「本当?知らなかったけど」と目を丸くしてから、「素敵ね、素晴らしいことだわ」と笑顔を見せた。

 セレナの4回戦の相手は、第13シードのスベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)だ。クズネツォワは2004年全米オープン、2009年全仏オープンの優勝者でもある。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: LONDON, ENGLAND - JULY 03: Serena Williams of The United States celebrates victory during the Ladies Singles third round match against Annika Beck of Germany on Middle Sunday of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 3, 2016 in London, England. (Photo by Adam Pretty/Getty Images)

最終更新:7月4日(月)12時0分

THE TENNIS DAILY