ここから本文です

ガスケ同胞対決へ、77年ぶり全英16強に仏4選手<男子テニス>

tennis365.net 7月4日(月)12時17分配信

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は3日、男子シングルス3回戦が行われ、第7シードのR・ガスケ(フランス)がA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)を2-6, 7-6 (7-5), 6-2, 6-3の逆転で下し、4回戦へ駒を進めた。

錦織vsチリッチ 1ゲーム速報

通常試合が行われないミドル・サンデーに試合が組まれたこの日、会場はいつもより閑散とし、静けささえ感じるほどで、アリーナ席には多くの空席も目立っていた。

ガスケは「ちょっと不思議な気持ちだった。なぜなら、あまり人がいないから。」とこの日の会場の違いを感じていた。ガスケはこの日の勝利で、4回戦へ進んだ16名中4人目のフランス人となった。4選手ものフランス人が4回戦へ進んだのは1929年以来77年ぶりのこと。

ガスケは4回戦で第12シードのJW・ツォンガ(フランス)との同胞対決に臨む。ツォンガは第18シードのJ・イズナー(アメリカ)と3回戦を行った。この試合は大会6日目の2日にスタートするも、日没のためにこの日へと順延となっていた。ツォンガはセットカウント1ー2の劣勢から再開されていた。

しかし、そこから反撃に出たツォンガはフルセットへと持ち込み、最後は19ー17でイズナーを下していた。そのセットだけで2時間以上を要し、イズナーに握られたマッチポイントもしのいでの勝利にツォンガは喜びを爆発させていた。

「こうして生き延びれて良かった。」と語るツォンガは、ここウィンブルドンではフルセット・マッチを6戦全勝とした。

(STATS - AP)

tennis365.net

最終更新:7月4日(月)12時17分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]