ここから本文です

執拗な買い取り勧誘も…県が訪問購入業者に是正指示 全国初の処分

埼玉新聞 7月4日(月)22時38分配信

 埼玉県は4日、訪問購入業者「Top around.」(東京都足立区)に対し、特定商取引法(勧誘目的不明示、迷惑勧誘)に基づき業務是正を指示した。指示に従わない場合は、100万円以下の罰金が科されることがある。都道府県が行う訪問購入業者に対する行政処分は全国初。

 県消費生活課によると、同社は県内で「古着を買い取ります」などと電話でセールス。消費者が応じた場合に自宅を訪問し「貴金属はないですか」と貴金属の買い取りの勧誘をしたり、消費者が断っているにもかかわらず、執拗(しつよう)に買い取りを勧誘した。

 同課によると、県内の消費生活支援センターには同社の勧誘に関する相談が6月末現在、17件寄せられていた。全て女性で平均年齢は67歳だった。同社は昨年5月から今年4月まで、県内では貴金属の買い取りを100件契約(平均買い取り額約1万7800円)し、転売して約500万円を売り上げていた。

最終更新:7月4日(月)22時38分

埼玉新聞