ここから本文です

ツォンガがイズナーを倒す、ファイナルセット19-17 [ウィンブルドン]

THE TENNIS DAILY 7/4(月) 13:30配信

 イギリス・ロンドンで開催されている「ウィンブルドン」(6月27日~7月10日)の第7日。男子シングルス3回戦で、第12シードのジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)が第18シードのジョン・イズナー(アメリカ)を6-7(3) 3-6 7-6(5) 6-2 19-17で倒して4回戦に進出した。試合時間は4時間24分。第5セットだけで36ゲーム、2時間8分かかっている。

ツォンガがイズナーとのロングマッチを制して4回戦へ [ウィンブルドン]

 一方でこの日、行われた女子シングルス3回戦で、第1シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)がアニカ・ベック(ドイツ)を倒すのに要した時間は51分、全15ゲーム(6-3 6-0)の試合だった。

 ツォンガとイズナーの3回戦は、前日に行われていたが、イズナーから7-6(3) 6-3 6-7(5)の時点で日没順延となっていた。

 第5セットでイズナーから16-15のとき、ツォンガはサービスゲームで一度イズナーにマッチポイントを与えるが、これをセーブした。「生き延びてよかったよ」とツォンガ。

 イズナーは6年前に同じウィンブルドンでニコラ・マウ(フランス)と1回戦を戦い、6-4 3-6 6-7(7) 7-6(3) 70-68、11時間5分の試合に勝っている。全138ゲーム、3日間におよぶ試合だった。

 ツォンガは第5セット、17-17で唯一のブレークチャンスをつかみ、これをものにして18-17とリード。最後の自身のサービスゲーム、最後のポイントはイズナーのバックハンドクロスがサイドラインを割って幕を下ろした。このときのツォンガは大きくジャンプして喜びを爆発させた。

 この勝利はツォンガのグランドスラム通算103勝目で、同じフランス人プレーヤーのジャン・ボロトラと並ぶ記録となった。

 ツォンガは次の4回戦で、第7シードのリシャール・ガスケ(フランス)と対戦する。ガスケは3回戦でアルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)を2-6 7-6(5) 6-2 6-3で破って勝ち上がった。ツォンガとガスケはいずれもウィンブルドンで2度準決勝に進んだ経験がある。両者の対戦成績は4勝4敗、直近の対戦は2013年全豪オープン4回戦でツォンガが勝っている。(C)AP(テニスマガジン)

Photo: LONDON, ENGLAND - JULY 03: Supporters photograph the score board during the match between John Isner of The United States and Jo-Wilfried Tsonga of France on Middle Sunday of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 3, 2016 in London, England. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

最終更新:7/4(月) 13:30

THE TENNIS DAILY