ここから本文です

7月積み建値、銅54万円 鉛24万円 亜鉛26万8000円

日刊産業新聞 7/4(月) 12:19配信

 JX金属は1日、7月積み銅建値をトン1万円引き上げ54万円に改定したと発表した。イギリスのEU離脱決断に伴う金融市場の混乱が一服したことで、海外銅相場が上昇したことを映した。

 三菱マテリアルは1日、7月積み鉛建値をトン8000円引き上げ24万円にしたと発表した。指標となった現地30日のLME鉛現物セツルメントは1780ドル。前回建値改定時(現地24日)から86・5ドル上昇した。1日の東京為替TTSは前回改定時から0・8円の円安で、円換算価格を押し上げた。

 三井金属は1日、7月積み亜鉛建値をトン1万2000円引き上げ26万8000円に改定したと発表した。指標となった現地30日のLME亜鉛現物セツルメントは2102・5ドルで、前回建値改定時から121・5ドル上昇。1日の東京為替TTSは前回建値改定時から1・71円の円高だったが、海外亜鉛相場の上昇幅の方が大きかった。

最終更新:7/4(月) 12:19

日刊産業新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。