ここから本文です

イタリア代表のサイドは優秀だ バルサがサイドバック補強へ2選手リストアップ

theWORLD(ザ・ワールド) 7月4日(月)10時20分配信

EUROで評価上がる

EURO2016ではベスト8で散ったものの、今夏フランスの地でイタリア代表が見せたパフォーマンスは素晴らしいものだった。守備だけでなく攻撃への移行も素早く、組織的に非常にまとまったチームとなっていた。当然イタリアの選手たちには強豪クラブも目をつけており、バルセロナが2選手に注目しているようだ。

スペイン『Mundodeportivo』によると、バルサが注目しているのはミラン所属DFマッティア・デ・シリオとマンチェスター・ユナイテッドDFマッテオ・ダルミアンの2人だ。バルサは今夏サイドバックのダニエウ・アウベスが退団しており、サイドは補強ポイントの1つとなっている。その点デ・シリオとダルミアンは左右両方のサイドをこなすことが可能で、代表でも示したように4バックにも3バックにも対応するユーティリティ性が魅力だ。

ここ最近のバルサはあまり3バックで戦う機会がないが、以前はポゼッションを高めるためにシステムを変更することもあった。現指揮官ルイス・エンリケが再びそれをするかは分からないが、複数のシステムに対応できるデ・シリオとダルミアンは魅力的な人材だ。

バルサは彼らの他にもボルシアMGのファビアン・ジョンソン、レヴァークーゼンのウェンデルにも注目している。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月4日(月)10時20分

theWORLD(ザ・ワールド)