ここから本文です

フェデラーが4試合連続ストレート勝利で準々決勝進出 [ウィンブルドン]

THE TENNIS DAILY 7月4日(月)23時54分配信

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦6月27日~7月10日/グラスコート)の男子シングルス4回戦で、第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)がスティーブ・ジョンソン(アメリカ)を6-2 6-3 7-5で倒してベスト8進出を決めた。試合時間は1時間37分。

錦織は第2セット途中でリタイア、チリッチが3年連続8強入り [ウィンブルドン]

 ウィンブルドンに18年連続で出場するフェデラーは、2003年からの5連覇を含めて史上最多タイの優勝7回を数える。昨年は10度目の決勝進出を果たしたが、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)に6-7(1) 7-6(10) 4-6 3-6で敗れている。

 フェデラーは準々決勝で、第9シードのマリン・チリッチ(クロアチア)と対戦する。チリッチは第5シードの錦織圭(日清食品)の途中棄権により勝ち進んでいる。

 そのほかの試合では、3回戦でノバク・ジョコビッチ(セルビア)の3連覇を阻んだ第28シードのサム・クエリー(アメリカ)がニコラ・マウ(フランス)を6-4 7-6(5) 6-4で破り、初のグランドスラム8強入りを決めている。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

     ◇   ◇   ◇

【男子シングルス4回戦 主な試合結果】

○8サム・クエリー(アメリカ)[28] 6-4 7-6(5) 6-4 ●14ニコラ・マウ(フランス)

○33ロジャー・フェデラー(スイス)[3] 6-2 6-3 7-5 ●44スティーブ・ジョンソン(アメリカ)

○49マリン・チリッチ(クロアチア)[9] 6-1 5-1 Ret. ●64錦織圭(日本/日清食品)[5]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:LONDON, ENGLAND - JULY 04: Roger Federer of Switzerland plays a forehand during the Men's Singles fourth round match against Steve Johnson of The United States on day seven of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 4, 2016 in London, England. (Photo by Shaun Botterill/Getty Images)

最終更新:7月4日(月)23時54分

THE TENNIS DAILY