ここから本文です

EUROで大ブレイク中のエース流出を恐れる会長「レアルやバルサが彼の獲得に動いたら、残すのは困難だ」

theWORLD(ザ・ワールド) 7/4(月) 13:00配信

気になるパイェの去就は?

大舞台でひと際輝くシンデレラをいつまでも留めておくことはできるだろうか。ウェスト・ハムのオーナー、デイビッド・ゴールド氏が、ユーロ2016で素晴らしい活躍を披露しているフランス代表MFディミトリ・パイェの去就について言及している。

ルーマニアとの開幕戦から彼のエンジンは全開だった。試合終了間際に美しすぎる弧を描く芸術的なシュートを放つと、パイェの名前は瞬く間に紙面を賑わせることに。彼は昨季のプレミアリーグにおいても、加入初年度ながら攻撃の核を担い、チームに魔法を注入。現在ではレアル・マドリードやバルセロナといった多くのメガクラブがこの攻撃的MF獲得を検討中だとされている。もちろんゴールド氏が現在の“パイェ・ブーム”に不安を感じるのも無理はないだろう。米『ESPN』が同氏のコメントを伝えている。

「来季も我々はパイェをチームに残留させたいと願っているよ。当然だ。あらゆる手段を尽くすだろう。それだけじゃなく、チームに新戦力を連れて来たいとすら思っている。さらなるスカッドの強化さ。そのなかにパイェも居てもらわないといけないね。だが現実を見る必要もある。もしもレアルやバルサのようなビッグクラブが彼の獲得に動き、彼自身も移籍を望めば、チームに残すことは困難だ。もちろん現時点ではいかなるオファーも受け取ってはいないがね」

狙われる側の恐怖を語ったゴールド氏だが、レアルのジネディーヌ・ジダン監督は先日、パイェを「すべてのチームにとって欲しい存在であり、彼が加わればどんなチームも強くなるだろう」と称賛。ウェスト・ハムにとっては眠れない夏の日々を送ることになりそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7/4(月) 13:00

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合