ここから本文です

マンUで完全に忘れ去られた? 2シーズン前に大ブレイクした男がモウリーニョに出場機会の有無を問う

theWORLD(ザ・ワールド) 7月4日(月)18時50分配信

ムヒタリアンらライバル多く

アントニー・マルシャル、マーカス・ラッシュフォードのブレイク、そしてドルトムントからやってきたヘンリク・ムヒタリアンとマンチェスター・ユナイテッドの攻撃陣はどんどん豪華になっている。しかし、誰か忘れていないだろうか。

英『The Sun』は、サポーターの記憶から消えかかっているFWアドナン・ヤヌザイが指揮官ジョゼ・モウリーニョに退団を希望する旨を伝えるつもりだと報じた。ヤヌザイはデイビッド・モイーズの下でマルシャルやラッシュフォードと同じようにブレイクしたものの、ルイ・ファン・ハール政権に代わってからは出場機会も減少。昨夏にはドルトムントにレンタル移籍している。

しかしレンタル先のレベルが高すぎたのか、ドルトムントでも出場機会を得ることはできなかった。一時はベルギー代表にも選出されていたが、クラブで出場機会を失ってからは呼ばれなくなっている。

マンUはヤヌザイが新シーズンも出場機会が限定されると考えているため、プレミアリーグで確実に出場機会を得られるチームにレンタル移籍させる考えを持っているという。しかし同メディアによればヤヌザイはレンタルでの移籍を拒んでいるようで、マンUでの未来が想像できない以上は退団する考えだ。

ヤヌザイはもう今季のような失敗を繰り返すわけにはいかないと危機感を抱いているようで、モウリーニョのプランに入っていないと分かれば退団へと動くだろう。今夏の補強などを見るとヤヌザイの付け入る隙はなさそうに見えるが、待望の若手アタッカーとしてブレイクしたヤヌザイはマンチェスターを離れることになるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月4日(月)18時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報