ここから本文です

ポチェッティーノ監督は前線の強化に執心 トッテナムはこの夏、インテル長友の同僚FWを狙う

theWORLD(ザ・ワールド) 7月4日(月)19時40分配信

アトレティコとの獲得レースも白熱!?

昨季得点王ハリー・ケインを擁するトッテナムだがこの夏、前線の強化に力を入れる予定で、インテルFWマウロ・イカルディをターゲットにしているという。

英『Daily Mail』によるとトッテナムはイカルディ獲得に向け3800万ポンドのオファーを提示するようだ。さらに同紙はインテルは中国の蘇寧グループが主要株主となり豊富な資金力を持つが、4位でシーズンを終えUEFAチャンピオンズリーグ出場権を逃したことで、イカルディはUCLに出場できる他のビッグクラブへ移籍する可能性が高まっていると見ている。イカルディは2014-15シーズンにセリエA得点王となるも、昨シーズンは守備的な戦術の煽りを受け前線で孤立、16ゴールを奪うも本来の輝きを失っていた。

イカルディ獲得のライバルにはアトレティコ・マドリードが浮上しており、同郷アルゼンチンの監督ディエゴ・シメオネはすでにイカルディの奥さんとも接触していると『Corriere dello Sport』が伝えているという。

トッテナムは昨季スポルティング・ヒホンで11得点を記録したパラグアイ代表FWアントニオ・サナブリアの獲得も狙っているとされるが、ポチェッティーノ監督は狙いどおり前線の補強を進めることができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7月4日(月)19時40分

theWORLD(ザ・ワールド)