ここから本文です

マルセロのテクニックならできるかも レアルでのキャリア終了後に挑戦してみたいこととは

theWORLD(ザ・ワールド) 7月4日(月)23時2分配信

よりテクニックを活かせる挑戦へ

選手生活を終えたフットボーラーは解説者の道に進んだり、トップクラブの指揮官を目指して指導者になるための勉強をスタートさせる者が多い。しかし、レアル・マドリードDFマルセロは少々違うシナリオを思い描いているようだ。

スペイン『MARCA』によると、マルセロはプロのフットサル選手になってみたいとの野望を抱いているという。ブラジル出身の選手はフットサルからボールの扱い方を学び、欧州で活躍するプロ選手になっていくケースも多く、マルセロも幼少期はフットサルで技術を磨いてきた選手だ。そのテクニックとアイディアはフットサルの方が活かされるものなのかもしれない。

マルセロはすぐにそうなるわけではないとレアルでのキャリアに集中しているようだが、フットサルへの挑戦について「フットサルのプロとしてプレイするのは夢だし、いつでも可能だよ」と意欲を見せている。

今や世界トップクラスの攻撃力を誇る左サイドバックとなったマルセロは、さらにそのテクニックを活かせそうな環境へトライするのか。ブラジル人選手らしい面白い挑戦となりそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月4日(月)23時2分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報