ここから本文です

時代劇ギャグ漫画、早くも舞台再演

Lmaga.jp 7/4(月) 12:00配信

『週刊少年ジャンプ』で連載中の人気時代劇ギャグ漫画『磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~』。今春話題となった初舞台作品が早くも10月、大阪の劇団Patchにより「ABCホール」(大阪市福島区)で再演されることが発表された。

前公演での舞台稽古の様子

春公演のあまりの反響ぶりに、次回作を決める会議で「どうする、再演・・・する?」と誰かがぽそりと呟いたことを発端に再演が決定。サブタイトルを「高尾山地獄修業編」から「天晴版」と変更し、内容、キャストをブラッシュアップするという。

同作は、仲間りょう原作の時代劇ギャグ漫画で、江戸の武士道学校に通う主人公・磯部磯兵衛の、何とも自堕落な日常が浮世絵的な画風で描かれている。日程は10月20日~25日で、チケットは、各種プレイガイドにて8月20日から一般発売される。

最終更新:7/4(月) 12:54

Lmaga.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]