ここから本文です

予約が殺到、京都・グランピング施設

Lmaga.jp 7月4日(月)19時2分配信

京都の「心と身体の癒しの森 るり渓温泉」(京都府南丹市)の敷地内に、グランピング施設『GRAX(グラックス)』が6月29日にオープン。その注目度の高さから、すでに夏休みはほぼ満室、予約を取るのが難しい状況になっている。

夜はキャビンエリアで、ロマンチックな演出も

関西ではまだ珍しいグランピング(グラマラスなキャンプ)とあって、早くから予約が殺到。だが、まだ浸透していないために、質問も多く、なかでも「何を持っていったらいいのか」と問い合わせがあるそう。広報担当者によると、「標高550mとあって夜は涼しいため、防寒着など必要な服装はご準備していただければ。それ以外は、すべてこちらで準備しているので、普通に宿泊するのに近い感じでお越しください」とのことだ。

バーベキューに必要なアイテムも、肉や野菜もすべて用意されており、あとは、自分たちで食材を洗って切って、焼くだけ。朝ごはんも新鮮な空気を吸いがてら、施設内のベーカリーへお散歩してピックアップする、と手軽にアウトドア気分を味わえるシステムになっている。

宿泊するキャンプサイトのテント(4種)、キャビン、トレーラーハウスが揃い、「グランピングテント」タイプであれば、ベッドで就寝でき、談話できるようチェアも完備。また、トレーラーハウス、キャビンであればエアコンも付き、冬でも快適に過ごせるように。もはや、野外ということを忘れてしまいそうな快適さだ。

また、こちらのもう一つの人気ポイントは宿泊料金。例えばキャビンであれば1泊9,000円、4人で泊まった場合1人2,250円+食事代4,500円(子ども2,500円、共に朝夜分)と、ホテルよりもお手頃価格なのがファミリーに受けている。「荷物を運んだり、アウトドアアイテムが必要だったり、女子グループでのキャンプは避けられがちですが、こちらであれば女子会も気軽に利用できると思います」と、幅広い年代層からの需要が見込まれる。今からであれば、秋には余裕があるとのことなので、早めに計画を。

最終更新:7月4日(月)19時2分

Lmaga.jp