ここから本文です

最終ラップの接触でロズベルグに10秒ペナルティ、壊れた状態での走行に戒告も

オートスポーツweb 7月4日(月)3時4分配信

 F1オーストリアGPの最終ラップで、チームメイトのルイス・ハミルトンと接触したニコ・ロズベルグに対して、審議の結果、10秒のタイムペナルティが決定した。

ダメージを負ったまま走り続けたことも問題に

 ロズベルグは4位でチェッカーを受けており、タイム加算後も順位の変動はない。

 また、ロズベルグはフロントウイングが壊れた状態で走り続けたことでも審議対象となっており、こちらは戒告処分となった。ロズベルグが戒告を受けるのは今シーズンこれが初めて。この件については、ロズベルグが十分にペースを落として走っていたことが考慮され、戒告にとどまったとスチュワードは説明している。

 マーティン・ドネリーら、オーストリアGPのスチュワードは、ロズベルグがハミルトンに対して「スペースを与えていなかった」と判断。接触の責任は、ロズベルグにあるという裁定を下した。今回のアクシデントにより、ロズベルグにはペナルティポイント「2」が科される。

 ロズベルグは終盤ブレーキの問題に苦しんでおり、最終ラップの2コーナーでハミルトンがアウト側に並んだ際に、接触が起きた。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月4日(月)3時4分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。