ここから本文です

マクラーレン「6位は望外の結果。最終目標が見えてきた」/オーストリア日曜

オートスポーツweb 7月4日(月)7時6分配信

 2016年F1オーストリアGP決勝で、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは リタイア、ジェンソン・バトンは6位だった。

2016年第9戦オーストリアGP フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)がリタイア

■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
レーシングディレクター エリック・ブーリエ
 ジェンソンは見事な走りで6位フィニッシュを成し遂げた。このサーキットでこれほどの好結果を挙げることができるとは我々自身、予想もしていなかった。我々チームの力、リソース、決意をフル活用できれば、どこまでのことができるのかが、今週末証明された。この結果はチームにとって大きな出来事である。我々がどこに向かっているのかを明確に示しているからだ。もちろんそれはグリッド最上位だ。
 
 フェルナンドはレースで全力を尽くしたが、悲しいことに最終的にそれは報われなかった。レース序盤にはプッシュすることができたものの、バッテリーパックのシステムの問題による影響が大きくなってきて、それ以上パフォーマンスを向上させることが不可能になった。問題が悪化したため、我々はチェッカーを待たずに彼をリタイアさせるほかなかった。
 
 次はホームレースだが、高速コーナーとロングストレートを備えるシルバーストンで我々のマシンの強みが発揮されるというような幻想は抱いていない。だが我々が進歩を示し続けているのは確かであり、そのことに勇気づけられながらイギリスGPに臨むことができる。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月4日(月)7時7分

オートスポーツweb