ここから本文です

ホンダ「トラブルでダブル入賞に届かず。ただ実力は示せた」/オーストリア日曜

オートスポーツweb 7月4日(月)9時46分配信

 2016年F1オーストリアGP決勝で、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソはリタイア、ジェンソン・バトンは6位だった。

2016年第9戦オーストリアGP 序盤は2位を走ったジェンソン・バトン(マクラーレン・ホンダ)

■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
ホンダF1プロジェクト総責任者 長谷川祐介
 ジェンソンはグリッドポジションを生かし、ポイントを獲得するのに十分なペースを発揮しました。6位は彼にふさわしい結果です。
 
 一方でフェルナンドは不運にもESパック・システムの問題に見舞われました。そのため安全上の理由でリタイアさせることを決めました。彼もポイントに届く位置を走っていたので残念でした。

 ポジティブな要素を挙げると、私たちは今週末、2台のマシンとチームの力を示すことができたと思います。それはマクラーレン・ホンダのホームレースである次戦シルバーストンに向けて非常に心強いことです。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月4日(月)12時0分

オートスポーツweb