ここから本文です

フェルスタッペン「急に2位になってびっくり。キミのプレッシャーに対処できた」:レッドブル オーストリア日曜

オートスポーツweb 7月4日(月)7時38分配信

 2016年F1オーストリアGP決勝で、レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは2位だった。

2016年第9戦オーストリアGP ダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペン(レッドブル)

■レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペン 決勝=2位
 F1でキャリア2度目のポディウムに上がれて、最高の気分だ。クルマもタイヤも期待どおりの働きをしてくれて、良いレースができたと思う。スタートで何台かをオーバーテイクして、彼らといいバトルができた。あれは本当に楽しかったね。

 それ以降は主に単独走行のレースになり、終盤はキミ(・ライコネン)がかなりのペースで追い上げてきたが、何とか最後まで抑えきることができた。3位だと思っていたので、急に2位になったのには驚いた。でも、最終ラップで順位がひとつ上がったのは単純にうれしかったよ。

 セーフティカーが出たことでずいぶん助かったのは間違いないし、そのおかげで戦略をうまく生かせたと思う。最後はキミのプレッシャーに対処する必要があったけど、ただミスをしなければいいだけのことで、今日はそれをうまくやりとおせた。フィニッシュまでトラブルは何もなかった。あえて言えば、トラフィックに引っかかったときにタイヤが冷えて、ちょっとトリッキーになったくらいだ。

 今季のためにハードワークを続けてきたことが、こうしてポディウムフィニッシュにつながっているわけで、2017年に向けての見通しが明るいのは間違いない。そして、来週のシルバーストンでも良いレースができそうだ。僕らのクルマは、シルバーストンのようなコースを得意としている。ここでこれだけ戦えたのだから、来週にも明るい見通しを持てるはずだよ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月4日(月)7時39分

オートスポーツweb