ここから本文です

ヒュルケンベルグ「2位でスタートしながら、これほど期待外れのレースになるとは…」:Fインディア オーストリア日曜

オートスポーツweb 7月4日(月)8時25分配信

 2016年F1オーストリア決勝で、フォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグは19位(DNF)、セルジオ・ペレスは17位(DNF)だった。

2016年第9戦オーストリアGP セルジオ・ペレス(フォース・インディア)がクラッシュ

■サハラ・フォース・インディアF1チーム
ニコ・ヒュルケンベルグ 決勝=19位(DNF)
 正直な気持ちを言えば、これ以上はないほど落胆している。本当に厳しいレースで、何をやってもうまく行かなかった。
 
 まず、スタートが良くなくて、1周目にいくつか順位を下げてしまったうえに、最初のスティントはとても難しい状況だった。タイヤにグレイニングが起きて、クルマが滑りまくっていたんだ。あれが今日の僕のレースを決めたとも言える。クルマのバランスもいまひとつで、タイヤをいたわりながら走ることができず、グレイニングをさらに悪化させてしまった。新しいタイヤに履き替えても、いいのは最初の3、4周だけで、すぐにグリップが落ちてしまった。

 レース終盤にはクルマのどこかで振動が起きていたし、チームはブレーキの摩耗が危険な領域に達したことに気付いていたので、最終的にはリタイアを選択した。
 
 僕らは今日起きたことをしっかり分析して理解し、シルバーストンでのレースに生かしていく必要がある。


セルジオ・ペレス 決勝=17位(DNF)
 レースの最終ラップにリタイアしてしまい、本当に残念だ。チームのことを思うと悲しい気持ちになる。少なくともポイントは獲れるレースだったんだ。昨日から今日にかけて、僕らはひどくアンラッキーだった。ペースは良くて、競争力はあっただけに悔しいね。
 
 今日のレースはとても順調で、ポイントは持ち帰れると思っていた。(ロマン)グロージャンが5秒のペナルティを受けたのは知っていたから、彼から5秒以内でついて行こうとハードにプッシュしていたんだ。ところが、最終ラップのターン3の進入で、いきなりブレーキがなくなり、真っ直ぐに行ってしまった。クルマはバリアに当ってフロントまわりが壊れたけど、僕は大丈夫だった。チームは文句なしの仕事をしたのに、不運によって見事なリカバリーが台無しになるなんて、やりきれないよね。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月4日(月)12時56分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。