ここから本文です

マッサ「縁石のダメージ、パンク、ブレーキトラブルと問題続出」:ウイリアムズ オーストリア日曜

オートスポーツweb 7月4日(月)9時1分配信

 2016年F1オーストリアGP決勝で、ウイリアムズのフェリペ・マッサは20位(DNF)、バルテリ・ボッタスは9位だった。マッサは縁石に乗った際のバイブレーションの影響でフロントウイングがダメージを負っているのが発見されたため、レース前に交換、そのためピットレーンからのスタートになった。

F1最新フォトコーナー

■ウイリアムズ・マルティーニ・レーシング
フェリペ・マッサ 決勝=20位(DNF)
 レースはわりと順調で、最初からバトルしてポジションを上げていった。ほぼずっとすごくいいレースをしていたんだ。

 でも残念ながらタイヤがパンクして交換のためにピットに戻らなければならなかった。

 レースを通してブレーキをセーブしていたけれど、終盤に(エステバン・)グティエレスのすぐ後ろを走っていたら温度が上がってしまって、リタイアしなければならなくなった。

バルテリ・ボッタス 決勝=9位
 当然、今日はもっと大量にポイントを稼げると思っていた。一番苦労したのはタイヤをうまく機能させ、長く持たせることだった。シルバーストンまでにこの点を理解する必要がある。次回も今日と似たような気温になりそうだからね。

 今週末、マシンはそれほど悪くなかった。タイヤを機能させることに苦しんだだけなんだ。期待外れの一日だったけれど、ここから学び、前に進むことが重要だ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月4日(月)9時1分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]