ここから本文です

グロージャン「バトンを抜けず、ずっと後ろを走った」:ハースF1 オーストリア日曜

オートスポーツweb 7月4日(月)10時8分配信

 2016年F1オーストリアGP決勝で、ハースF1のロマン・グロージャンは7位、エステバン・グティエレスは11位だった。

2016年第9戦オーストリアGP ジェンソン・バトン(マクラーレン・ホンダ)、スタート直後に2位を走行

■ハースF1チーム
ロマン・グロージャン 決勝=7位
 いいレースができたと思う。1周目はそうでもなかったけどね。誰かに押し出されて、いくつか順位を下げてしまったんだ。

 その後はスーパーソフトでステイアウトして、タイヤはだいぶ厳しかったにもかかわらず、何とかペースを保ってうまく走れていた。ちょうどピットストップを予定していたあたりでセーフティカーが入ったので、それにも多少は助けられた。

 ピットに入った後は、ずっと(ジェンソン・)バトンの後ろにいた。もちろん、彼に追いついてオーバーテイクしようと試みたけど、別のクルマの背後に入るとついて行くのが難しくなって、抜くところまで持っていけないんだ。

 そして、あと残り数周というところで、5秒のペナルティを科せられたことを知って、後ろのクルマとのギャップを広げる必要に迫られた。それからは全部の周を100%でプッシュしたよ。楽しかったけど、緊張感も半端じゃなかった。自分のミスで、すべて台無しにしたくはなかったからね。最終的には(セルジオ・)ペレスのほうがクラッシュして、僕にとっては良い方向で決着がついた。
 
エステバン・グティエレス 決勝=11位
 とても厳しいレースになった。まずスタートでアンチストールが作動してしまい、大きくポジションを下げた。その後は、当初の予定とは違う戦略を採って、できるだけ上位まで挽回しようと全力でトライした。

 実際、ペースはかなり良くて、着実に順位を取り戻していたし、調子も良かったんだけど、終盤はグリップが落ちてきて苦戦を強いられた。

 結果としては、ポイント獲得まであと一歩の11位だった。すばらしい成績とは言えないけど、持てる力を出し切って最後まで戦ったのは確かだ。次のレースに向けて気持ちを切り替えて、プッシュし続けるつもりだ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月4日(月)10時10分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。