ここから本文です

最も売れたジャズ・アルバム『ワルツ・フォー・デビイ』、初のクリスタル・ディスクが20万円で発売

Billboard Japan 7月4日(月)11時20分配信

 55年前(1961年)の6月25日の日曜日、ニューヨークのジャズ・クラブ、ヴィレッジ・ヴァンガードでライヴを行ったビル・エヴァンス・トリオ。その伝説のライヴ録音から生まれたのが、日本で今なお愛されて続けるジャズの名盤『ワルツ・フォー・デビイ』だ。

 今作は、2016年4月に日本レコード協会(RIAJ)のゴールドディスクに認定され、LP時代からの売上枚数を換算すると日本での売上枚数は、およそ50万枚という日本で最も売れているジャズ・アルバム。ジャズ界で最も人気の高いピアニストの一人、ビル・エヴァンス(当時31歳)が兄でピアニストでもあったハリーの愛娘デビイに捧げた可憐なタイトル曲をはじめ、知的な美しさあふれる永遠のピアノ・トリオ名盤。本ライヴの11日後に25歳という若さで自動車事故で亡くなった天才ベーシスト、スコット・ラファロと後にキース・ジャレットと共演するドラム奏者ポール・モチアン(当時30歳)との至高のトリオの頂点を刻んだ、ニューヨークでの伝説のクラブ・ギグの記録となっている。

 そんなジャズの名盤『ワルツ・フォー・デビイ』の録音55周年、ゴールドディスク認定を記念し、2016年9月28日に初のクリスタル・ディスクでのリリースが決定した。クリスタル・ディスクは、ディスクの基盤として、ポリカーボネイト(プラスチック)の代わりに光学用ガラスを用いたCDで音楽信号のピットを形成するために、液状の樹脂を用いた紫外線硬化方式を採用し、従来製法よりも高精密なピット転写を実現。透過性、複屈折、入射光や反射光の歪みが少ない光学性能を誇り、傷や割れにも強く、温度、湿度による経時変化がほぼないという。

 今回は米国オリジナル・アナログ・マスターを基にした2013年最新DSDマスターを使用し、同じマスターを使用した100%Pure LPとSHM-CDも比較試聴用に同梱したLPボックス仕様にて完全生産限定販売となっており、全国CDショップで絶賛予約受付中となっている。

◎ 『ワルツ・フォー・デビイ』トラックリスト
01. マイ・フーリッシュ・ハート
02. ワルツ・フォー・デビイ
03. デトゥアー・アヘッド
04. マイ・ロマンス
05. サム・アザー・タイム
06. マイルストーンズ

<パーソネル>
ビル・エヴァンス (p) 、スコット・ラファロ (b) 、ポール・モチアン (ds)
1961年6月25日ニューヨーク、ヴィレッジ・ヴァンガードにてライブ録音

◎リリース情報
『ワルツ・フォー・デビイ』【録音55周年記念 完全生産限定クリスタル・ディスク】
ビル・エヴァンス・トリオ
2016/9/28 RELEASE
200,000円(plus tax)

最終更新:7月4日(月)11時20分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。