ここから本文です

『関ジャム完全燃SHOW』ドリカムのアノ大阪弁名曲で中村正人と共演&ドリカム裏話も

Billboard Japan 7月4日(月)11時20分配信

 関ジャニ∞によるテレビ朝日の音楽バラエティ番組『関ジャム完全燃SHOW』が7月3日に放送。ゲストにDREAMS COME TRUE 中村正人が出演した。

 中村とのジャムセッションは、遠距離恋愛中の女性の思いを描いたドリカム2007年のヒット曲「大阪LOVER」。歌詞の一部に大阪弁が使われている同曲のセッションには、番組企画で「お気に入り曲」に選んだことのある錦戸のほか、村上、安田、大倉が参加。そして、吉田美和の世界観を渋谷がのびのびと歌いあげた。

 そしてこの日のスタジオトークでは、吉田美和との独特な関係や曲作りの苦悩など、知られざる中村の本音が炸裂。「メロディと詩が降りてくる」という“天才”吉田美和との楽曲作りの苦悩や、吉田にソロアルバムを制作したいと言われたときの「バンド危機」についてなど、中村の口から赤裸々に語られた。ときに吉田のことを辛辣な言葉で表現する中村に対し、関ジャニ∞のメンバーがハラハラする一幕もあったが、「吉田美和の一番のファン」であるという中村の言葉が、長きにわたって絶対的なパートナーであり続ける2人の独自の関係性のすべてを物語っているようだ。また、番組が独自で調べた“ファンが選んだドリカムの好きな曲ベスト30”も発表。TOP3は3位「未来予想図II」、2位「決戦は金曜日」、1位「LOVE LOVE LOVE」という結果となった。

 次回の『関ジャム完全燃SHOW』放送日&ゲストは近日公開予定となっている。

◎番組情報
テレビ朝日『 関ジャム 完全燃SHOW』
毎週日曜23:15~
※一部地域を除く
http://www.tv-asahi.co.jp/kanjam/

最終更新:7月4日(月)11時20分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。