ここから本文です

菅田将暉&松坂桃李、映画『キセキ』撮影終了を報告「兄弟っていいもんだ」

クランクイン! 7/4(月) 6:00配信

 映画『キセキ~あの日のソビト~』にてW主演を務める俳優の菅田将暉と松坂桃李が、それぞれ自身のツイッターアカウントにて撮影のクランクアップを報告。作品に対する思いや、撮影時の所感などを綴っている。

【関連】「菅田将暉」フォトギャラリー


 GReeeeNの大ヒット曲「キセキ」の誕生秘話を映画化する『キセキ~あの日のソビト~』。松坂はGReeeeNのプロデューサーJIN役、菅田はJINの実弟でGReeeeNメンバーのHIDE役を演じる。

 クランクアップの報告とともに「熱い現場でした。地面のたうち回る位笑いました」と、活気あふれる現場だった様子を綴る菅田は「これは見て欲しい。感謝。是非」と作品に込めた思いとともに、グリーン色のユニークな被り物姿で二人の女性に囲まれた撮影現場の写真をアップ。

 このツイートには、撮影を終えた菅田へのねぎらいや作品への期待の言葉とともに「元気もらえました」「菅田くんらしい、とってもユニークな被り物ですね」「かっこいいのにかわいいです」と飾らない姿を喜ぶ声が多数寄せられている。

 また、松坂もクランクアップ報告とともに「愛のあふれた現場、そして音楽の凄さを改めて実感しました。兄弟っていいもんだ」と撮影現場や作品から得た所感をコメントし「GReeeeNの歌のように真っ直ぐで愛のある作品です」とアピールしている。

 このツイートには、『キセキ~あの日のソビト~』を手掛ける兼重淳監督から「お疲れ様でした。ありがとうございました。かけがえのない時間でした」と松坂へねぎらいとともに感謝の言葉が送られている。

 他にも、作品への期待だけでなく「桃李JIN&将暉GReeeeNの歌声のCD化も何卒お願い申し上げます」「桃李くんの歌声がまた聴けるのがすっごく嬉しい」と菅田や松坂の歌う姿を心待ちにしている声が多く寄せられている。

最終更新:7/4(月) 6:00

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]