ここから本文です

市川海老蔵、妻・小林麻央とは「わずかでも一緒にいたい」目を潤ませ思い吐露

クランクイン! 7月4日(月)11時30分配信

 歌舞伎役者の市川海老蔵が3日、日本テレビ系のトークバラエティ番組『おしゃれイズム』に、息子の堀越勸玄とともに出演。この日は現在闘病中の妻・小林麻央からのメッセージも到着。夫を絶賛するその言葉に、海老蔵が目を潤ませる一幕もあった。

【関連】「市川海老蔵」フォトギャラリー


 この日の収録は、小林が現在乳がんにて闘病中であることを市川が会見報告した次の日に行われた。小林からは「勸玄は落ち着いているが、主人は落ち着いていない」「4歳の娘に色気心を感じるとか言っている」「一分を惜しみ分刻みの生活をする性格が、子供に似てほしくない」など、海老蔵と子供らとの生活のエピソードなどが明かされる。

 そんな中、小林は時間があると一緒に散歩に出るという海老蔵に対し「主人のすごいところは、私への接し方が結婚前と全く変わらないこと。私は母になりだいぶ変わってしまいましたが、変わらないでくれる主人を尊敬しています」と胸の内を明かす。海老蔵は、結婚前にそれほど恋愛的な間柄にならなかったため、結婚後に気兼ねなく過ごしているから…という思いと「私としてはわずかな時間でも麻央と過ごしたいから」と答える。

 また、自身のブログにアップした、闘病中の小林と手をつないだ写真を見ながら「闘病しているんで、なかなか一緒にいられないし。そういう意味では尊い時間ですから」と口にし、少し目を潤ませ妻への愛しい気持ちを伝える。

 さらに小林は海老蔵との夫婦生活について「意外に思われるかもしれませんが、父としても夫としても想像以上です。とても感謝しています。結婚して本当によかったです」と夫・海老蔵を称賛。妻の言葉に「なんだそりゃ!? オイオイ!」と、答えながら嬉しそうに照れた表情を見せていた。

最終更新:7月4日(月)11時37分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。