ここから本文です

園児がブドウに袋掛け 小矢部市埴生保育所

北日本新聞 7月4日(月)12時27分配信

 小矢部市埴生保育所(小矢部市石坂、篠島真澄所長)の園児が4日、近くのブドウ畑でブドウの袋掛けを体験した。8月下旬には収穫も行う。

 農家の坂田喜信さんが園児を招待して毎年行い、今年は園児28人が参加した。袋掛けは、ブドウの実を紙製の袋で包んで雨や虫から守り、病気予防のため行う。

 坂田さんが袋の掛け方を説明した後、子どもたちはそれぞれブドウ一房を選んだ。台に乗って自分の名前が書かれた袋を丁寧にかぶせていた。

 袋に包まれたブドウの下で歌を披露し、坂田さんに感謝を伝えた。

北日本新聞社

最終更新:7月4日(月)21時8分

北日本新聞