ここから本文です

世銀の途上国支援に参加 富山市

北日本新聞 7月4日(月)14時45分配信

 富山市は、世界銀行が途上国支援のために進める「都市間パートナーシップ・プログラム」の参画都市の一つに選ばれた。森雅志富山市長が4日、定例記者会見で明らかにした。

 同プログラムは、日本の都市が持つ先進的な知見や技術を世界に発信し、途上国の支援に活用することが目的。富山市はコンパクトなまちづくりや高齢化への適応、廃棄物リサイクル、洪水対策といった面での貢献が期待されている。市長は「技術支援を求められれば、しっかり協力したい」と話した。

 参画都市には富山市のほか北九州、神戸、横浜の各市が選定された。

北日本新聞社

最終更新:7月4日(月)14時45分

北日本新聞