ここから本文です

【白球つれづれ】広島と巨人は「急行」と「各駅停車」?

ベースボールキング 7月4日(月)20時0分配信

白球つれづれ~第14回・広島と巨人~

 「神ってる」という新語が最近の各メディアを賑わせている。

 まさに“神がかり”的な働きを現すことばで、元祖というべき男は広島の新星・鈴木誠也だろう。

 6月17、18日のオリックス戦で2日続けてのサヨナラ本塁打を放てば、翌19日の同カードでは同点の8回に今度は勝ち越しの一発。これでチームの勢いはさらに加速した。

 そのカープが、先週末はDeNAを相手に猛打爆発。貯金は今季最多タイの16で、2位・中日に10ゲーム差は36年ぶりという快進撃である。

広島と巨人の気になるデータ

 ここに興味深い数字を紹介する。

▼ 打率 
広 .268(1位) / 巨 .246(5位)

▼ 防御率
広 3.42(2位) / 巨 3.72(5位)

▼ 盗塁
広 70個(1位) / 巨 24個(6位)

▼ 総得点
広 379点(1位) / 巨 250点(6位)

▼ 総失点
広 292点(1位) / 巨 307点(4位)


 上記は広島と巨人のチーム成績の比較である。()内はリーグでの順位。

 好調な赤ヘル軍団はどの部門をとってもいい数字が並ぶのに対し、苦しむ巨人はすべてにおいて低調な数字が並ぶ。しかし、とりわけ注目したいのは、盗塁と総得点の両軍の大きな開きである。

 実はここにこそ今季の広島の快進撃の秘密が隠されているのだ。

“ニュー赤ヘル”の新戦略

 「1点をもぎ取る野球」を昨年の秋季キャンプから主要なテーマとして取り組んできた緒方カープ。またの名を「意味のある凡退」とも呼ぶ。

 どんなに優れた好打者であっても、10回打席に立てば7回近くは失敗する。仮に無死二塁の時、次打者が安打を放てば問題ないが、先に記したとおり確率は良くても3割程度だ。

 ここで、三振かポップフライなら局面は変わらない。だが、右方向へのゴロや大きな飛球なら一死三塁とすることができる。そうなると、次打者は犠牲フライでなくてもボテボテの内野ゴロでも得点できる。さらに相手の立場に立てば、暴投や捕逸、エラーでも失点につながる。

 要は「二塁走者はいかに次の塁を狙っているか?」。打者は「いかに得点の確立を上げる打撃を心掛けるか?」ということ。

 こうした意識付けを若手だけでなく、新井貴浩やエクトル・ルナのようなベテランにまで徹底。その結果、「自分で決めるという以上に、次に繋ぐといういい循環になっている」とクリーンアップを任される丸佳浩は言う。

 菊池涼介や丸という2人に加え、1番に定着した田中広輔に鈴木誠也など、走れるタレントは揃っている。そこへ「ヒットでなくても意味のある凡打ならオーケー」と首脳陣が説くことにより、打席内での余裕を与えているのだ。

1/2ページ

最終更新:7月4日(月)20時0分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。