ここから本文です

最多2139人が能登島力走 ロードレース、一花さん初優勝

北國新聞社 7月4日(月)3時2分配信

 ひょっこりのとじま・2016能登島ロードレース(3日・七尾市能登島特設コース=実行委、北國新聞社主催)32都道府県から過去最多の2139人がエントリーし、ハーフマラソンと10キロの計8部門で健脚を競った。男子18~49歳ハーフで一花建(いっかたける)(七尾市)が1時間12分39秒で初優勝を果たした。

 このほか石川勢は、18~49歳10キロの男子で山吹昌寛(能美市)が3連覇、同女子で岡本るみ子(金沢市)が2年ぶりに優勝した。

 市民ボランティアが給水所の運営や選手の誘導にあたり、大勢の地元住民らがランナーに声援を送った。能登島の女性グループ「すみれ会」が豚汁で選手の疲れを癒やした。

北國新聞社

最終更新:7月4日(月)3時2分

北國新聞社