ここから本文です

爆破予告で厳戒態勢 石川県内の小学校

北國新聞社 7月4日(月)16時25分配信

 3日午前、金沢市の共産党石川県委員会に「県内の全ての小学校に爆弾を仕掛けた」とメールが届いたことを受け、県内の小学校は4日、厳戒態勢を敷いた。爆破時刻は「4日午前8時10分」と予告され、県教委によると、県内の公立小学校207校のうち、七尾市田鶴浜小が休校、21校が始業時間を繰り下げた。児童を一時避難させた学校もあった。県警は国立と私立を含む全212小学校に警察官を配置し、パトロールした。午後1時現在、不審物は見つかっていない。

 爆破時刻は「午後3時34分」にも予告されており、30校が終業時間を午後3時半より前に繰り上げる。そのほかの学校でも、児童に午後3時半までに下校するよう促すなどして警戒を続ける。

 県警によると、爆破予告メールはこれまでに、共産党県委員会以外に届いていない。県警は威力業務妨害の疑いで捜査している。

北國新聞社

最終更新:7月4日(月)16時25分

北國新聞社