ここから本文です

レスター、“カンテの後釜候補”を獲得…MFメンディが4年契約で加入

SOCCER KING 7月4日(月)11時33分配信

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターは3日、ニースに所属する元U-21フランス代表MFナンパリス・メンディを4年契約で獲得したと発表した。

 メンディは1992年生まれの24歳。2015-16シーズンのリーグ・アン全38試合に先発出場し、4位に躍進したニースをキャプテンとして支えた。身長168センチメートルと小柄な同選手は、豊富な運動量や巧みなポジショニング、優れたパスセンスなどが特長。フランス代表MFエンゴロ・カンテと似た体格で、プレースタイルも似ている。同選手は複数クラブからの関心を報じられ、移籍の可能性を取り沙汰されているだけに、後釜候補としてメンディを獲得したと見られている。

 なお、メンディは2010年から2013年にかけて所属したモナコでクラウディオ・ラニエリ監督の下でプレー。レスターで“師弟関係”が復活することとなる。

 移籍加入にあたってメンディは「レスターに来ることができてとても嬉しい。このチームは素晴らしいシーズンを過ごした。ここに来ることは非常にエキサイティングだよ。このレベルでプレーすることを望んでいた。(ラニエリ)監督についてはよく知っているよ。彼のメンタリティーや哲学をよく理解している。彼が話したことはダイレクトに明確に自分に伝わるよ」とコメントしている。

SOCCER KING

最終更新:7月4日(月)11時33分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。