ここから本文です

ドイツのイタリア撃破はジンクスのおかげ?…“敵ファンの前”でPK戦制す

SOCCER KING 7月4日(月)12時9分配信

 ユーロ2016準々決勝が2日に行われ、ドイツ代表とイタリア代表が対戦し、PK戦の末ドイツ代表が勝利を飾った。3日付のドイツ誌『スポーツビルト』が報じたところによると、PK戦の前に両軍キャプテンがヴィクトール・カッサイ主審とコイントスに臨んだ際、とある事件が起きたという。

 事件とは、ドイツ代表のMFバスティアン・シュヴァインシュタイガー(マンチェスター・U)がコイントスでPK戦を行うサイドの決定権を得たにも関わらず、イタリアのファンが陣取るゴール裏を選択したことだ。同誌によると、シュヴァインシュタイガーが勘違いをしていると思ったのか、カッサイ主審は2度の確認を同選手にしている。しかしドイツ代表主将の考えは変わらなかった。

 これについてシュヴァインシュタイガーは試合後、「過去のPK戦を思い出したんだ。できれば彼ら(イタリア)のほうで蹴りたかった」と話したという。

 この「過去のPK戦」とは、チャンピオンズリーグ(CL)で同選手がバイエルンに所属していた時に体験した2つの試合を指している。2011-12シーズンCL準決勝でレアル・マドリードと対戦したバイエルンは、敵のファンが陣取る側のゴールでPK戦に勝利し、そして決勝ではバイエルンファン側のゴールでPK戦を行ったものの、チェルシーに敗れ涙を飲んでいる。

 ドイツ代表の3大会連続ベスト4進出は、シュヴァインシュタイガーが信じる「PK戦は、敵チームのファンが陣取る側のゴールで行えば勝てる」というジンクスが、大きく影響していたのかもしれない。

SOCCER KING

最終更新:7月4日(月)12時9分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]