ここから本文です

1得点2アシストと躍動…グリエスマン「やりたいことができている」

SOCCER KING 7月4日(月)12時25分配信

 ユーロ2016準々決勝が3日に行われ、フランス代表がアイスランド代表に5-2で快勝を収めた。この試合で1得点2アシストと活躍したFWアントワーヌ・グリエスマン(アトレティコ・マドリード)が試合後のインタビューに応じ、フランス紙『レキップ』がコメントを伝えている。

 フランスは12分にオリヴィエ・ジルーの得点で幸先良く先制すると、20分にはポール・ポグバ、43分にはディミトリ・パイェがグリエスマンのアシストから追加点を奪う。さらに45分にはエリア内に抜け出したグリエスマンが鮮やかなループシュートで今大会4ゴール目を決めて、得点ランク単独トップに躍り出た。後半にも1点を加え、フランスが5ゴールでアイスランドに大勝を収めた。

 グリエスマンは、試合を振り返り「僕たちは素晴らしい立ち上がりを見せることができた。でも、2ゴールを許してしまったのは反省しなければいけない」と、前半のパフォーマンスには満足しながらも、後半の2失点を反省した。

 また、自身のプレーについては「僕のやりたいことができているよ。周りには世界レベルの選手がいるから、とても簡単にプレーができている」と、前線の選手との関係に満足感を示した。

 フランスは7日、決勝進出を懸けてドイツ代表と対戦する。グリエスマンは「フランスのファンで埋め尽くされて、ホームのような雰囲気でできる。決勝へいくために力を与えてくれるだろう」と、サポーターの声援に期待した。

SOCCER KING

最終更新:7月4日(月)12時25分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。