ここから本文です

CSKA所属FWムサ、プレミア移籍と監督が明言…レスター加入の噂も

SOCCER KING 7月4日(月)17時9分配信

 CSKAモスクワに所属するナイジェリア代表FWアーメド・ムサが、同クラブを退団する可能性が高まった。3日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 同メディアによると、CSKAモスクワの指揮官を務めるレオニード・スルツキー監督が、ムサの去就について言及。「彼はおそらく火曜日にここを退団するだろう」と同選手がクラブを去ることを明言した上で、「イギリスのサッカーにおいて彼を選手として見ることになるだろう」と移籍先がプレミアリーグのクラブとなることも明かした。

 ムサはかねてより、日本代表FW岡崎慎司の所属するレスターが関心を示してきた。5月には移籍金2200万ポンド(約35億6000万円)を用意しているという報道もあり、動向に注目が集まっている。

 現在23歳のムサは、2012年1月にVVVフェンロからCSKAモスクワへ移籍。両クラブでは、現在ミランに所属する日本代表FW本田圭佑とともにプレーしていた。ムサは2015-16シーズンのロシア・プレミアリーグで30試合に出場し13ゴールを記録した。

SOCCER KING

最終更新:7月4日(月)17時57分

SOCCER KING