ここから本文です

カバーニ、PSGとの契約延長を拒否…今夏のユーヴェ移籍が加速か

SOCCER KING 7月4日(月)18時23分配信

 パリ・サンジェルマンに所属するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが、同クラブからの契約延長の打診を断ったことがわかった。4日付のフランス紙『le 10 sport』が報じている。

 同紙によると、パリ・サンジェルマンは現在2018年までカバーニと結んでいる契約の延長を打診。しかしながら、同選手はこれを拒否したようだ。

 これを受けて、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』はカバーニが今夏に移籍する可能性が高まったと報道。ストライカーを探しているユヴェントスが同選手の獲得を画策しており、買い戻しオプションの行使によってレアル・マドリードへと移籍したスペイン代表FWアルバロ・モラタの後釜として狙っているようだ。また同紙は、今回パリ・サンジェルマンとの契約話がこじれたことにより、ユヴェントスへの移籍が加速するのではないかとしている。

 なお、カバーニの移籍先については様々な報道がなされている。マンチェスター・Uやチェルシー、アーセナル、リヴァプールからの関心や、アトレティコ・マドリードがすでに接触したとも報じられている。

SOCCER KING

最終更新:7月4日(月)18時23分

SOCCER KING