ここから本文です

「あれだけ枠が空いていて…」2年半で11度対戦のG大阪と広島、ルヴァン杯準々決勝でまたも激突

ゲキサカ 7月4日(月)0時31分配信

 ナビスコ杯から大会名称を変更したJリーグYBCルヴァンカップの決勝トーナメント組み合わせ抽選会が3日、行われ、2年ぶりの優勝を目指すガンバ大阪は準々決勝で昨季Jリーグチャンピオンのサンフレッチェ広島と対戦することが決まった。

 前々回大会決勝と同一カードとなった一戦。2年前はG大阪が3-2で制し、7年ぶり2度目のカップ戦制覇を成し遂げた。昨季はJリーグチャンピオンシップ決勝と天皇杯準決勝でも対戦。チャンピオンシップ決勝は広島が1勝1分で頂点に立ったが、天皇杯準決勝はG大阪が3-0で完勝し、リベンジを果たしている。

 抽選順は浦和、G大阪、広島、大宮、神戸、FC東京、横浜FM、福岡の順だった。2番目と3番目にくじを引いた2チームがいきなり対戦することになり、G大阪に続いて抽選した広島のMF柏好文は「あれだけ枠が空いていて……」と苦笑い。「ガンバとはここ1、2年で何回もやっている。あまりやりたくなかったけど、熱い戦いを繰り広げられれば」と気持ちを奮い立たせた。

 G大阪がJ1に復帰した14年以降、ここ2年半の間に2チームが対戦した回数は実に11回(リーグ戦5試合、ナビスコ杯1試合、天皇杯2試合、チャンピオンシップ2試合、富士ゼロックススーパー杯1試合)。G大阪のドロワーを務めたMF遠藤保仁も「このところよく対戦しているので、やりづらいチーム」と警戒する。

 今季の富士ゼロックススーパー杯は広島が3-1で勝ったが、リーグ戦はG大阪がアウェーで3-1で快勝している。過去2年半の対戦成績はG大阪の6勝2分3敗だが、遠藤は広島との相性について「勝ったり負けたりなので何とも言えない」と率直に語った。

 決勝トーナメントから大会名称もナビスコ杯からルヴァン杯に変わる。遠藤は「長い間、『ナビスコ杯』と言ってきたし、違和感はある」としながらも「名前が変わって最初の大会。ある意味、記念すべき大会だし、初代チャンピオンになれるように頑張りたい」と、ルヴァン杯初代王者の座を貪欲に狙っていく。

最終更新:7月4日(月)0時36分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]