ここから本文です

快進撃ストップのアイスランド「我々はひどいチームに見えた」

ゲキサカ 7月4日(月)13時1分配信

 EURO2016は3日、準々決勝を行い、ベスト4が出そろった。初出場で8強入りしたアイスランド代表は開催国のフランス代表に2-5で敗れ、快進撃はベスト8でストップした。

 初出場でグループリーグを突破し、決勝トーナメント1回戦ではイングランドに2-1の逆転勝利をおさめる大金星で世界中を驚かせたアイスランド。人口わずか33万人ほどの小国が大会を印象付ける大躍進を遂げたが、4強入りは叶わなかった。

 試合後、アイスランドの{{*ラーシュ・ラーベルベック}共同}監督は「フランスにおめでとうと言いたい。彼らはファンタスティックなチームで、我々はひどいチームに見えた。それは自分たち自身のせいでもあるがね」とコメントした。『UEFA公式サイト』が伝えた。

「メンタル面はうまく対処できなかったが、フィジカルの問題ではなかったことを後半に示した。学ばなければならない試合というものがあるが、この試合はその1つだ。一瞬たりとも気は抜けないという、いい教訓になった」

 初出場ながら見せた快進撃も、これで終了。指揮官は「大会全体を振り返ると、初出場でありながらベスト8に入れたのは紛れもない快挙だったと思う。我々は頭を使ってプレーできていなかったが、それはフランスが非常にいい戦いをしていたせいもあるかもしれない。我々はいくつかミスをしてしまい、消極的になりすぎた」と振り返った。

最終更新:7月4日(月)14時0分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。