ここから本文です

世界驚かせたアイスランド、10番MF「小さなチームにとって、特別な体験だった」

ゲキサカ 7月4日(月)13時9分配信

 EURO2016は3日、準々決勝を行い、ベスト4が出そろった。初出場で8強入りしたアイスランド代表は開催国のフランス代表に2-5で敗れ、快進撃はベスト8でストップした。

 試合後、アイスランドの10番を背負うMFギルフィ・シグルドソンは「前半の出来にはがっかりだけど、フランスは勝つべくして勝った」と8強敗退という結果を受け入れた。『UEFA公式サイト』が伝えている。

 4強入りは叶わなかったものの、初出場でグループリーグを突破し、決勝トーナメント1回戦ではイングランドに2-1の逆転勝利をおさめる大金星。今大会では世界中からの注目を集めた。

 シグルドソンは「僕らはとても誇りに思う。素晴らしい大会を送ることができたし、小さなチームにとっては特別な体験だった。少し出来すぎだったかもしれない。誰にも期待されていなかったことを成し遂げたのだと思う」と胸を張った。

 EURO2016から去ることになったが、今大会での快進撃を“奇跡”で終わらせるつもりはない。10番MFは「10~15人の選手が非常にいい年齢を迎えているから、W杯予選が始まるのが楽しみだ。アイスランドの未来が明るいものになるよう願っているよ。僕らはこれからも進歩し続けていけると思う」と先を見据えた。今大会をアイスランド新時代幕開けのきっかけとしたいところだ。

最終更新:7月4日(月)13時59分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。